社会人類学年報  Vol.27(2001)

東京都立大学社会人類学会【編】;鈴木 二郎;石川 栄吉;村武 精一【編】

[目次]

  • 開発の人類学-アクター・ネットワーク論の可能性
  • 方法としての希望
  • 農業開発と地域社会-ケニア共和国、ケニア山南嶺平野の開拓をめぐる諸相
  • イニシエーションと還流的労働移動の節合-パプアニューギニア、サンビアの事例から
  • 人と学問 宮田登
  • 不動産王チプトラのジャカルタ
  • 研究動向 ネイティヴの人類学の最前線

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会人類学年報
著作者等 村武 精一
東京都立大学社会人類学会
松園 万亀雄
渡辺 欣雄
東京都立大学・首都大学東京社会人類学会
石川 栄吉
鈴木 二郎
書名ヨミ シャカイジンルイガクネンポウ : 2001
巻冊次 Vol.27(2001)
出版元 弘文堂
刊行年月 2001.12.15
ページ数 202p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4335510578
NCID BN00620146
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想