尿路変向術の看護 : 入院期間短縮化の視点が学べるコラムつき

国立がんセンター中央病院泌尿器科【編著】

入院期間短縮化に対応した尿路変向術の看護のあり方、およびクリニカル・パス導入を図る場合の参考となるような内容も含めて、術式選択から退院までの「尿路変向術の看護」をまとめた。「尿路変向術の看護」として、疾患の理解、術式の理解、術式の選択、選択や受容にかかわる看護、術前・術後の看護、合併症と対策、セルフケア、日常生活指導、社会復帰への援助などについて取り上げ、さらに、入院期間の短縮によって起こっている問題と今後の対策、クリニカル・パス導入に際しての対応などを取り上げている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 膀胱癌と尿路変向術の最新知識
  • 術式の自己選択の援助
  • 術前・術後の看護
  • 術後の性機能障害と尿失禁の看護
  • セルフケア指導と生活指導
  • 入院期間短縮化(クリニカル・パス)時代への対応

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 尿路変向術の看護 : 入院期間短縮化の視点が学べるコラムつき
著作者等 国立がんセンター中央病院泌尿器科
書名ヨミ ニョウロヘンコウジュツノカンゴ : ニュウインキカンタンシュクカノシテンガマナベルコラムツキ
出版元 メディカ出版
刊行年月 2001.11.20
ページ数 310p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4840402892
NCID BA54668541
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想