法社会学2 基礎理論 : 川島武宜著作集  第2巻

川島 武宜【著】

[目次]

  • 社会科学における人間の地位
  • 社会科学と哲学-特に法律学および法社会学を中心として
  • 法規範の「当為性」の経験科学的意味-法社会学の基礎づけのために
  • 法社会学の課題
  • 歴史および文化と法
  • 「近代化」の概念
  • 法と道徳
  • 現代の諸社会における法と道徳に関する若干の省察
  • 法社会学序説(講義)
  • 「法」の社会学理論の基礎づけ-法的社会制御を中心として
  • 「法」の科学理論
  • 「権利」の社会学的分析-"Appropriation"の理論を中心として
  • 争論規範の次元における「権利」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法社会学2 基礎理論 : 川島武宜著作集
著作者等 川島 武宜
書名ヨミ ホウシャカイガク2キソリロン : カワシマタケヨシチョサクシュウ : 2
巻冊次 第2巻
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.10.17
ページ数 420p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4000906526
NCID BN00460389
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想