特集 なぜ、今、感性哲学なのか? : 感性哲学  1

日本感性工学会感性哲学部会編集委員会【編】

なぜ、今、感性哲学なのか?と題して、大きく成長しつつある感性哲学の可能性を考察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「感性哲学」創刊記念座談会 なぜ、今、感性哲学なのか?
  • 感性哲学の冒険
  • 日本的感性:「もったいない」-ソフト・ゼロエミッションへの挑戦
  • 西洋近代の技術受容と"感性"-「生命・情報・環境」問題の思想史的考察
  • 看護のアートにおける「表現」に関する記述的研究-熟練助産婦のケア実践に基づいて
  • 個性操作の時代における分子倫理
  • 辰濃和男『四国遍路』
  • 土木学会『日本の近代土木遺産-現存する重要な土木構造物2000選』
  • 最相葉月『青いバラ』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集 なぜ、今、感性哲学なのか? : 感性哲学
著作者等 日本感性工学会感性哲学部会編集委員会
書名ヨミ トクシュウナゼイマカンセイテツガクナノカ : カンセイテツガク : 1
巻冊次 1
出版元 東信堂
刊行年月 2001.9.30
ページ数 122p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4887134053
ISSN 13467999
NCID BA54162098
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想