グローバリゼーションの政治経済学

経済理論学会【編】

[目次]

  • 第48回大会共通論題 グローバリゼーションの政治経済学(グローバリゼーションの政治経済学
  • IT革命とグローバル資本主義
  • グローバリゼーションの本質と対策)
  • 投稿論文(廃棄物処理費用の社会化について-「家電リサイクル法」の問題点にも触れて
  • 社会主義経済システムと生活様式
  • 搾取論と自己所有権
  • 蓄蔵貨幣の形成と資本の運動
  • 認識批判原理としての労働-20世紀マルクス主義の総括尺度をもとめて
  • 国家・市場・権力へのエージェンシー理論的接近-アメリカ・ラディカル派経済学の展開)
  • 特別企画論文 20世紀のマルクス経済学(20世紀の価値・価格論をめぐる論争と研究
  • 貨幣・信用論の諸問題
  • 20世紀におけるマルクス恐慌論の展開)
  • 学界展望(グローバリゼーションの一考察:市場機能再考)
  • 書評(鈴木和雄著『労働力商品の解読』
  • 鎌田武治著『市場経済と協働社会思想』
  • 富塚良三ほか編『資本論体系9-1・2恐慌産業循環(上・下)』
  • 八木紀一郎ほか編『復権する市民社会』
  • 今東博文著『経済学原理の研究』)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバリゼーションの政治経済学
著作者等 経済理論学会
書名ヨミ グローバリゼーションノセイジケイザイガク
シリーズ名 経済理論学会年報 第38集
出版元 経済理論学会本部事務局
青木書店
刊行年月 2001.9.25
ページ数 282p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4250201287
NCID BA53877932
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想