環境と流通 : 流通 : 日本流通学会年報  No.14

日本流通学会【編】

本号に掲載された論文は、2000年11月10日(金)〜12日(日)に愛知大学で開催された第14回全国大会において、共通論題「環境と流通」のテーマのもとで報告された3篇の論文とそれぞれの報告に対するコメント、および自由論題として報告された16篇の論文である。また8篇の書評を掲載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 共通論題 環境と流通(ストック・ベースの経済学-環境を取り込める経済学の試み
  • ドイツにおける環境問題への取り組みの実態
  • 生協におけるEMS(環境マネジメントシステム)の実践と課題)
  • 自由論題(臨時雇用従業員の人材開発-特にホスピタリティ産業を例として
  • 市場と共同体の理論的考察
  • 循環型チャネル・ネットワークの基本枠組 ほか)
  • 書評(新田滋著『段階論の研究-マルクス・宇野経済学と"現在"』
  • 小原博著『基礎コース マーケティング』
  • 周応恒著『中国の農産物流通政策と流通構造』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境と流通 : 流通 : 日本流通学会年報
著作者等 日本流通学会
書名ヨミ カンキョウトリュウツウ : リュウツウ : ニホンリュウツウガッカイネンポウ : 14
巻冊次 No.14
出版元 日本流通学会
芽ばえ社
刊行年月 2001.8.20
ページ数 318p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4895792536
ISSN 09149337
NCID BA53563708
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想