ホスピス・緩和ケア病棟 : 医療の原点を見据えて

建築思潮研究所【編】

「ホスピス・緩和ケア病棟」は、わが国では、1981年に最初の施設が実現して以来、1990年には医療制度の中に組み入れられ、さらに厚生省認可から都道府県届出制となって、2001年5月現在87施設が認可されている。本書では、これら承認施設の中から19例を、「院内病棟型」「院内独立型」「独立型」に分類して収録、さらに「混合型」と「通院治療センター」を各1例、併せて収録した。「混合型」は、特に緩和ケアの病棟を固定せず院内のどの病室でも緩和ケアを受け入れることを指し、堂園メディカルセンターを取り上げた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ホスピス・緩和ケア運動の原型 英国-全人的医療重視の理念と方法
  • 緩和ケアのシステムと建築・設備-医師の立場から見た建築的課題
  • 療養生活の場として必要な条件は何か-看護婦の立場から見た「ホスピス・緩和ケア病棟」の建築的課題
  • ホスピス・緩和ケア施設の国際的動向-わが国におけるその成立性の検討と住まい化に関する考察
  • ホスピス・緩和ケア病棟の計画-わが国のホスピス・緩和ケア病棟の現状分析と計画上の留意点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ホスピス・緩和ケア病棟 : 医療の原点を見据えて
著作者等 建築思潮研究所
飯塚 真之
書名ヨミ ホスピスカンワケアビョウトウ : イリョウノゲンテンヲミスエテ
シリーズ名 建築設計資料 83
出版元 建築資料研究社
刊行年月 2001.9.30
ページ数 208p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 4874607152
NCID BA53584785
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想