規制改革下のチャンスとリスク

エモンズ ウィリス・M.【著】<Emmons Willis>;大川 修二【訳】

自由化とは政府の関与がまったくなくなる状態と多くの人は考えているが、自由化後も政府の力はあなどれない。それを見極めずに規制緩和や民営化に浮かれていると、しっぺ返しを食うのは企業である。規制緩和と民営化の中で企業はどうすればチャンスをつかみリスクを回避できるのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 規制緩和と民営化の矛盾とネオレギュレーションの登場
  • 第1章 自由化の落とし穴-政府と企業の協定は限りなく変化する
  • 第2章 規制緩和に乱高下するアメリカの航空産業
  • 第3章 政権に翻弄された遠距離通信
  • 第4章 電力、空港、水道の民営化と企業の悪戦苦闘-イギリスの自由化政策は何をもたらしたか
  • 第5章 民営化後の企業を襲う経営力不足-報酬制度と雇用、社員のスキルアップ、財務、営業
  • 第6章 新規参入企業にとってのチャンスとリスク
  • 第7章 高速道路・電力供給事業への参入と刑務所・公立学校管理のアウトソーシング
  • 第8章 政府の逆襲-独占民間企業を放逐した地方自治体の力
  • 第9章 自由化後も自己増殖する政府の影響力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 規制改革下のチャンスとリスク
著作者等 Emmons, Willis
大川 修二
エモンズ ウィリス・M.
書名ヨミ キセイカイカクカノチャンストリスク
出版元 ユーエムディーエス研究所
刊行年月 2001.8.23
ページ数 332p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4947746068
NCID BA53495506
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想