半導体材料とデバイス・工学の歴史 : 岩波講座 現代工学の基礎  10

松波 弘之;尾江 邦重;村上 陽一郎【著】

現代工学を目指す初学者が、半導体デバイスの仕組みを知り、その材料について全体像を把握して、以後の学習に役立たせることを目的とする『半導体材料とデバイス』と、社会の近代化のなかで、技術がどのように工学へと性格を変えていったか、という点に焦点を合わせ、その過程が、文化圏の違いにそれぞれどのような特徴を示してきたか、ということを描き出す『工学の歴史』の2冊セット。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 工学の歴史-技術連関系1(技術、工学、科学
  • 技術の特殊な形態
  • 工学教育と工学者の制度
  • 日本の工学の歴史
  • 初期工学者の系譜)
  • 半導体材料とデバイス-材料系7(半導体の進歩
  • 半導体材料物性-半導体とは
  • ダイオードとトランジスタ-基本デバイスの仕組み
  • 発光・受光デバイス-フォトニクスをささえるデバイス
  • 情報信号処理用デバイスと材料-コンピュータをささえるデバイス
  • 通信用材料とデバイス-通信をささえるデバイス
  • 電力用デバイスと材料-太陽光発電、交直電力変換の主役
  • センサ用デバイスと材料-多彩なスペシャリスト
  • 将来のエレクトロニクス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 半導体材料とデバイス・工学の歴史 : 岩波講座 現代工学の基礎
著作者等 尾江 邦重
村上 陽一郎
松波 弘之
書名ヨミ ハンドウタイザイリョウトデバイスコウガクノレキシ : イワナミコウザゲンダイコウガクノキソ : 10
巻冊次 10
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.7.30
ページ数 xiii, 186p
大きさ 21cm
ISBN 4000109901
NCID BA52802767
BA52803216
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想