複素解析、測度と確率1 : 岩波講座 現代数学の基礎  2

藤本 坦孝;小谷 真一【著】

古典的理論を解説した『複素解析』と、測度と確率の入門書である『測度と確率1』の2冊セット。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 複素解析(正則関数
  • 積分定理
  • 有理型関数
  • 正則写像
  • 複素平面上の有理型関数)
  • 測度と確率1(距離空間
  • 測度と積分
  • 測度の構成
  • 距離空間上の測度
  • 関数空間
  • Radon‐Nikodymの定理)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 複素解析、測度と確率1 : 岩波講座 現代数学の基礎
著作者等 小谷 真一
藤本 坦孝
小谷 真一
書名ヨミ フクソカイセキソクドトカクリツ1 : イワナミコウザゲンダイスウガクノキソ : 2
巻冊次 2
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.7.23
ページ数 xviii, 189p
大きさ 21cm
ISBN 4000110020
NCID BN15083754
BN15648910
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想