悔やむことも恥じることもなく : 京大・矢野教授事件の告発

甲野 乙子【著】

日本で初めてキャンパス・セクハラを告発したサバイバーの手記。全面勝訴までの道のりをつづった魂の記録。1993年、京都大学教授で東南アジア研究センター所長の矢野暢を甲野乙子さんは告発。甲野さんをはじめ多数の女性に長期にわたって性暴力をはたらいた事実が裁判によって明らかにされた。事件の特異性と裁判の意義、支援の経過と関係年表も掲載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 崩壊
  • 告発
  • きっかけ
  • 決断
  • 再会
  • 調査
  • 逆提訴
  • 爆発
  • 審理開始
  • 証言台にて
  • 回復への一歩
  • 判決
  • 判決確定

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悔やむことも恥じることもなく : 京大・矢野教授事件の告発
著作者等 甲野 乙子
書名ヨミ クヤムコトモハジルコトモナク : キョウダイヤノキョウジュジケンノコクハツ
出版元 解放出版社
刊行年月 2001.7.30
ページ数 198p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4759260579
NCID BA52793112
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想