四万十 : 川漁師ものがたり

山崎 武【著】

一人の川漁師の手になる生物誌または一代記として、出色な書物。生をうけてから七十年あまりの大部分を四万十川という恵まれた大河のほとりで、自然を愛し、川漁師に夢と希望を持ち続けた人柄が各処ににじみ出て、みるみるうちに著者の世界にひきこまれる。著者はよき川漁師となるには魚など生き物を正確に観察することだと知り、二十五歳ごろには河口のデルタの中に小屋を建てて、四六時中、生きものと生活をともにする。以後、生きものを見る著者の眼力は確かである。加えて生来の読書好きで必要とあれば専門書をあさり、専門家の門をたたいて正しい認識を得ることに努めた。体験の単なる集積はときに偏見を生むが、本書に関してはそのような危険は全くない。生物誌にはアユの産卵などぴかりと光る記事があるかと思えば、「ナマズのタタキ料理」や「ゴンズイの毒消し」「ゴリの肝きった」などユーモアもあって硬軟折りまぜて十分に楽しませてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 私の職場のいきものたち(うなぎのこと
  • コイのこと
  • フナやコイの仲間のこと ほか)
  • 大河のほとりにて(生い立ちの章
  • 青春の章
  • 戦雲の章 ほか)
  • 遙かなる道(はじめのころ
  • くらしとあそび
  • 流れを一つに ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 四万十 : 川漁師ものがたり
著作者等 山崎 武
書名ヨミ シマント : カワリョウシモノガタリ
出版元 同時代社
刊行年月 2001.7.19
ページ数 238p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4886834507
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想