慢性胃炎の病態および診断と治療 : 消化器病セミナー : 新たな展開  83

浅香 正博【編】

本書は、慢性胃炎を病態生理学的に再検討することを目的に編集。診断は、内視鏡、病理、機能検査に分けてそれぞれ詳述。H.pylori以外にも慢性胃炎を惹起する可能性のある環境要因、遺伝的素因およびEBウィルス感染については、項目を独立させて記載した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 慢性胃炎の概念の変遷
  • 慢性胃炎の分類
  • 慢性胃炎の診断(内視鏡
  • 病理
  • 機能検査)
  • Helicobacter pyloriと慢性胃炎
  • EBウイルスと慢性胃炎、胃癌
  • 環境因子と慢性胃炎
  • 慢性胃炎と遺伝子異常
  • 慢性胃炎と腸上皮化生
  • 慢性胃炎と胃癌
  • 慢性胃炎と胃リンパ腫
  • 慢性胃炎とNUD/機能性胃腸症
  • 慢性胃炎の経過-自然経過および除菌、胃酸分泌による影響
  • 慢性胃炎の治療

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 慢性胃炎の病態および診断と治療 : 消化器病セミナー : 新たな展開
著作者等 浅香 正博
書名ヨミ マンセイイエンノビョウタイオヨビシンダントチリョウ : ショウカキビョウセミナー : アラタナテンカイ : 83
巻冊次 83
出版元 へるす出版
刊行年月 2001.6.20
ページ数 159p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4892693928
NCID BA52567452
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想