人類生態学と健康

鈴木 継美【著】

本書は、『生態学的健康観』(篠原出版一九八二)に続く著者の第二の論文集である。収録された論文は、一九八一年から一九八八年にかけて公表されたもので、一部未公刊のものも含まれている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 人間とその環境(人類生態学について
  • 人間とその環境
  • 配偶の形成に関する人類生態学的考察)
  • 第2部 環境と健康(高地に対する人間の適応
  • 環境と疾病像-ジョーセンスの「塩仮説」批判)
  • 第3部 健康と医療(生態学的健康観・再考
  • いわゆる"伝統"社会における健康-文化変容との関連において
  • 乗鞍岳山麓の村に伝わる民間療法-家庭内治療における現在の役割を中心に
  • 予防医学の守備範囲)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人類生態学と健康
著作者等 鈴木 継美
書名ヨミ ジンルイセイタイガクトケンコウ
出版元 篠原出版新社
刊行年月 1989.7.15
ページ数 180p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4884120973
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想