脳と聴覚障害 : 上位中枢聴覚路について考える

太田 文彦【編】

[目次]

  • 中枢性聴覚障害の臨床
  • 片麻痺例の聴覚障害の特徴
  • 一過性脳虚血発作(TIA)に伴う聴覚障害
  • 上位中枢性聴覚障害の臨床的検査法
  • 中枢性聴覚系の検査
  • 聴性電気反応からみた中枢聴覚障害-その基本
  • 聴性電気反応と聴伝導路障害
  • 大脳における聴覚情報処理とContingent Negative Variation(CNV)および誘発電位のLate Positive Component(LPC)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳と聴覚障害 : 上位中枢聴覚路について考える
著作者等 太田 文彦
書名ヨミ ノウトチョウカクショウガイ : ジョウイチュウスウチョウカクロニツイテカンガエル
出版元 篠原出版新社
刊行年月 1983.7.20
ページ数 195p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4884120051
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想