がんの民族疫学 : 新しいがん研究戦略への指向

田島 和雄【編】

本書では、疫学研究でいう「要因から疾病へ」という固定化された縦の分析概念から少し距離をおき、集団内で流行している疾病に関連する文化形成と生命現象を観察していく。そこでは、疾病流行の背景としての集団特性(宿主特性と環境変動)を種々の角度から分析、評価しながら疾病の予防対策を考えていく、という広く柔軟な疫学研究を指向しようとしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 民族疫学序論(民族学から見た疫学
  • 疫学から見た民族学-疫学と民族学の共通性 ほか)
  • 2 環境の変動とがん(がんの記述疫学:世界と日本の分布特性とその背景要因
  • がんの記述疫学と、分析疫学の中の民族要因 ほか)
  • 3 ウイルス感染と宿主の応答(腫瘍ウイルスと関連がんの流行
  • レトロウイルスの発がん機序:成人T細胞白血病 ほか)
  • 4 遺伝子の変異とがん(がん抑制遺伝子の検索:遺伝子異常の蓄積とがんの悪性度との関連
  • 民族特性とがん遺伝子:リンパ系腫瘍頻度差の分子機構)
  • 5 まとめ 民族疫学と分子生物学の接点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 がんの民族疫学 : 新しいがん研究戦略への指向
著作者等 田島 和雄
書名ヨミ ガンノミンゾクエキガク : アタラシイガンケンキュウセンリャクヘノシコウ
シリーズ名 癌の臨床別集 23
出版元 篠原出版新社
刊行年月 1993.10.1
ページ数 202p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4884121325
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想