中毒学における生化学的アプローチ : 重金属を中心に

井村 伸正;中尾 真;鈴木 継美【編】

本書の内容は大別して重金属と生体との関わりを生化学的に考えるうえできわめて重要ないくつかの基礎的な項目についての総説講演の部とカドミウム、鉛、水銀を主とする重金属の生体影響に関する生化学的実験報告の部に分けられる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総説講演
  • 実験報告/カドミウムの毒性とメタロチオネインおよび骨病変発症機序
  • 実験報告/ヘム、ポルフィリン合成系に作用する重金属
  • 実験報告/水銀中毒発現機作を求めての生化学的アプローチ
  • 特別寄稿/臨床生化学的研究
  • 討論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中毒学における生化学的アプローチ : 重金属を中心に
著作者等 中尾 真
鈴木 継美
井村 伸正
書名ヨミ チュウドクガクニオケルセイカガクテキアプローチ : ジュウキンゾクヲチュウシンニ
出版元 篠原出版新社
刊行年月 1980.3.31
ページ数 303p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 488412216X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想