透析室の医療事故 : 起こさないためのリスクマネジメント

内藤 秀宗【監修】

本書は、透析医療現場で医療事故や過誤が起こる原因やその防止、医療従事者と患者・家族との間のコミュニケーションの取り方、医療機関という組織全体としての取り組み方や、個人の資質への対応をも含めて、医療過誤が起こらないように各専門別の視野から解説している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 透析室における医療事故とは?(透析室における医療事故-総論
  • 透析治療(医療処置)における事故-その因子と対応 ほか)
  • 第2章 医療事故を院内体制で防ごう!(医療におけるリスクマネジメントの考え方
  • 医療事故防止のための院内体制 ほか)
  • 第3章 医療事故・過誤が起こったら(効果的な報告書-インシデントレポートの良い書き方・悪い書き方
  • ナースが知っておきたい医療事故の影響 ほか)
  • 第4章 わが施設のリスクマネジメント(虎の門病院におけるリスクマネジメント
  • 亀田総合病院におけるリスクマネジメント ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 透析室の医療事故 : 起こさないためのリスクマネジメント
著作者等 内藤 秀宗
書名ヨミ トウセキシツノイリョウジコ : オコサナイタメノリスクマネジメント
出版元 メディカ出版
刊行年月 2001.6.15
ページ数 236p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4840400512
NCID BA52599878
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想