頭部外傷

高倉 公朋【監修】;山浦 晶【編】;渡辺 義郎【著】

頭部外傷については、多数の教科書が出版されているが、最近の知識を紹介したレビューは少ない。本書を執筆した著者は千葉県救急医療センター脳神経外科部長として、わが国でもっとも多くの頭部外傷を日常診療している。その経験をもとに頭部外傷の全貌をまとめた。頭部外傷の疫学、実験的基礎知識から、さまざまな分類、診断、モニタリング、さらに各論としてあらゆる外傷の病態、治療と予後などに至るまで、そのすべてが簡潔に記述されている。読者の方々は本書によって頭部外傷に関する知識の要点を理解することができるであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論(脳脊髄外傷の疫学
  • 頭部外傷の発生機序と実験頭部外傷
  • 頭部外傷の分類
  • 画像診断
  • モニタリング)
  • 各論(頭蓋骨骨折
  • 脳振盪
  • びまん性脳損傷
  • 頭蓋内血腫
  • 小児頭部外傷 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 頭部外傷
著作者等 山浦 晶
渡辺 義郎
高倉 公朋
書名ヨミ トウブガイショウ
シリーズ名 New Lecture 5
出版元 篠原出版新社
刊行年月 1999.2.1
ページ数 259p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4884121511
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想