乳腺疾患の歴史 : 主に外科史を中心に

安藤 博【著】

本書は、文献的に古代からはじまり、MeyerとHalstedとにより乳癌の手術療法法が確立されたとされている20世紀初期までの乳房・乳腺疾患の歴史を、主に外科史の立場から考察し先達の向学と苦心の足跡に思いを寄せて、乳腺疾患の治療法の変遷を辿ったものである。乳房に関するエピソードも文献などより収集し、図、写真なども収録した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 メソポタミア・エジプト時代(古代インドおよび古代アメリカを含む)
  • 第2章 ギリシア・ローマ時代
  • 第3章 中世(ルネッサンスまで)
  • 第4章 ルネッサンス
  • 第5章 中世より近代までの苦闘
  • 第6章 近代(Halstedまで)
  • 第7章 日本の乳腺の外科

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 乳腺疾患の歴史 : 主に外科史を中心に
著作者等 安藤 博
書名ヨミ ニュウセンシッカンノレキシ : オモニゲカシヲチュウシンニ
シリーズ名 癌の臨床 別集21
出版元 篠原出版新社
刊行年月 1992.7.17
ページ数 123p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4884121252
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想