癌の抗酵素療法 : プロテアーゼインヒビターと癌の制御‐基礎から臨床まで

大越 基弘【著】

本書は、著者が過去にAnticancer Research,J.National Cancer Institute,Gann,J.Dermatology,J.Maxillo‐Facial Surgeryその他で紹介した研究成果と1984年NCI(米国国立癌研究所)、1991年M.D.Anderson Cancer Centerなどで行った招待講演および定例米国癌学会で発表してきた内容をまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 プロテアーゼインヒビターの発癌阻害作用
  • 2章 in vitroにおけるプロテアーゼインヒビターの細胞増殖阻害効果
  • 3章 自家発生固型癌に対する各種プロテアーゼインヒビターの抗腫瘍効果
  • 4章 癌の浸潤転移におけるプロテアーゼの作用と、インヒビターによる阻害-プロテアーゼインヒビターによる癌転移抑制
  • 5章 プロテアーゼインヒビターの癌の臨床応用-口腔癌に対するプロテアーゼインヒビターCamostat Mesilateの臨床治験
  • 6章 DIC(Dissminated Intravascular Coagulation,汎発性血管内凝固症候群)の予防および治療剤としてのプロテアーゼインヒビター

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 癌の抗酵素療法 : プロテアーゼインヒビターと癌の制御‐基礎から臨床まで
著作者等 大越 基弘
書名ヨミ ガンノコウコウソリョウホウ : プロテアーゼインヒビタートガンノセイギョキソカラリンショウマデ
出版元 篠原出版新社
刊行年月 1993.10.1
ページ数 90p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4884121333
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想