退職金・年金事情 : 全国主要企業の実態調査資料  2001年版

本書では、新会計基準の導入で大きく揺れ動いている退職金給付に関する企業の対応策や、一時金・年金制度の改定状況、早期退職優遇制度・希望退職制度の最新動向を調査。合わせて、導入が進むポイント制退職金の事例などを紹介している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 退職金・年金の最新実態(調査結果のポイント
  • 調査要領
  • 調査結果の概要)
  • 2 早期退職優遇制度、希望退職制度等の最新動向(調査結果のポイント
  • 調査結果の概要
  • 集計結果表 ほか)
  • 3 改革進む退職金・年金制度(特別解説 コスト的視点からみた退職金・年金の新展開と今後の課題
  • 特別寄稿 転職による生涯賃金の減少と早期退職優遇制度
  • 注目事例)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 退職金・年金事情 : 全国主要企業の実態調査資料
著作者等 労務行政研究所
書名ヨミ タイショクキンネンキンジジョウ : ゼンコクシュヨウキギョウノジッタイチョウサシリョウ : 2001
巻冊次 2001年版
出版元 労務行政研究所
刊行年月 2001.4.10
ページ数 333p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 484521041X
NCID BN00814302
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想