債権法・身分法 : 体系択一民法300問 : 問題と解説  2

山本 利明【著】

本書「体系択一民法300問(2)」は、絶大な信頼を置かれている日本司法学院の最近の答練や択一答練の問題をもう一度見直し、手を加えたり、新たに問題を作ったりして、債権法・身分法の130問の問題と解説とした。最近の司法書士試験の傾向に従い、形式も内容もともに司法書士試験のレベルに合わせて、事例問題や穴埋め問題、判例問題、学説問題、比較問題等も盛り込んだ。改訂版では、債権法と身分法130問の問題と解説のうち、56問、4割強を差し替えあたらしいものとし、差し替えなかったものについても、もう一度目を通し、必要な箇所を補正したり変更を加えた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 債権総論(債権の目的
  • 債権の効力 ほか)
  • 債権各論(契約総論
  • 贈与 ほか)
  • 親族法(親族法総論
  • 婚姻 ほか)
  • 相続法(相続人
  • 相続の効力 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 債権法・身分法 : 体系択一民法300問 : 問題と解説
著作者等 山本 利明
書名ヨミ サイケンホウミブンホウ : タイケイタクイツミンポウサンビャクモン : モンダイトカイセツ : 2
シリーズ名 司法書士受験双書
巻冊次 2
出版元 日本司法学院
刊行年月 2001.4.20
版表示 改訂版
ページ数 303,17p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4890691588
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想