医海涓滴

田中祐吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 論叢
  • 一 頓死論 / 1
  • 二 誤れる衞生 / 43
  • 三 疾病と自殺 / 57
  • 四 女性の犯罪と生殖機能 / 63
  • 五 厭世觀及び樂天觀に對する醫學的觀察 / 71
  • 六 醫術進歩の利弊 / 80
  • 七 精神作用と疾病 / 89
  • 八 生活の本能 / 109
  • 九 所謂自覺せる女性の運命 / 116
  • 隨讀隨筆漫録
  • 一 言語中樞の發見者 / 125
  • 二 消削(或は癆)の同名異義 / 127
  • 三 虚脱の意義 / 128
  • 四 智力の母より遺傅することに就て / 129
  • 五 人の多く死する時間と季節 / 130
  • 六 活きんが爲めに死す / 131
  • 七 女子の恥毛に關する研究のいろいろ / 132
  • 八 右利と左利 / 136
  • 九 古醫の美徳 / 138
  • 十 ダーウィンの幼時 / 139
  • 十一 洋醫學の始めて我國に輸入したる當時の事情 / 141
  • 十二 醫に對する種種なる定義 / 144
  • 十三 千里眼論 / 144
  • 十四 老人に少女 / 152
  • 十五 吾邦に於ける依的兒及び〓囉仿謨麻醉の濫膓 / 154
  • 十六 動植物の壽命 / 155
  • 十七 食人と人身供犠 / 156
  • 十八 熱帯氣候の人類の勞働力に及ぼす影響 / 159
  • 十九 臍なきアダムとエバ / 160
  • 二十 文豪シルレルの病體解剖 / 161
  • 二十一 最低及び最高の體温 / 162
  • 二十二 聖母マリアと單性生殖 / 166
  • 二十三 人間の後に生じたる生物 / 167
  • 二十四 醫學諸科の最初の譯書 / 168
  • 二十五 吉益東洞の和歌 / 169
  • 二十六 癩病院 / 169
  • 二十七 徳川時代に於ける精神病者の處置 / 170
  • 二十八 防腐法 / 171
  • 二十九 喰人蟲 / 172
  • 三十 「ミーラ」 / 172
  • 三十一 醫籍の冠 / 173
  • 三十二 土左衛門 / 173
  • 三十三 大酒大食 / 174
  • 三十四 食事の度數 / 174
  • 三十五 「ヂスバロイニー」(女性に於ける快感缺乏症) / 175
  • 三十六 感覺の轉位 / 181
  • 三十七 太古の法醫學 / 182
  • 三十八 疾病に關する古人の感情 / 186
  • 三十九 病院の起源 / 196
  • 四十 不仁身 / 198
  • 四十一 吾邦に於ける法醫學的解剖の嚆矢 / 199
  • 四十二 ナポレオン第一世同第三世及びアレキサンダー第三世の病體解剖 / 200
  • 四十三 女性間に於ける同性相愛を材料とせる小說 / 203
  • 附録
  • 桃山避病院血清注射事件の回顧 / 205
  • 急性聲門水腫の供覧附吉田康平の死因を論す(本庄彌述) / 231

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 医海涓滴
著作者等 田中 祐吉
書名ヨミ イカイ ケンテキ
書名別名 Ikai kenteki
出版元 南山堂書店
刊行年月 大正1
ページ数 242p
大きさ 22cm
全国書誌番号
43005693
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想