文明と法の衝突

比較法史学会【編】

本書は、一九九九年三月、東京大学法学部において、統一テーマ「文明と法の衝突」の下に開催された、比較法史学会第九回研究大会での研究報告をはじめとした論説、書評、学会動向などから成り立っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 動揺する支配者の壁画古墳-比較考古学による墓室装飾の新しい解釈
  • 国際法史再構成の試み-文際的視点からの眺め
  • マックス・ヴェーバーのドイツ法学観
  • 教皇の受任裁判官judex delegatus-ローマ=カノン法訴訟成立の一段階
  • 感情と気分の視点からの政治哲学の可能性とマキアヴェリ
  • 耳野健二『サヴィニーの法思考-ドイツ近代法学における体系の概念』
  • もう一つの明治憲法成立史は成り立ちうるか-瀧井一博「ドイツ国家学と明治国制」に寄せて
  • 関ケ原合戦と近世の国制
  • 講座派史学と丸山真男
  • 香港の一国二制度下の法制と諸問題〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文明と法の衝突
著作者等 比較法史学会
書名ヨミ ブンメイトホウノショウトツ
シリーズ名 思想・制度・社会 9
Historia Juris比較法史研究 9
出版元 未来社
比較法制研究所
刊行年月 2001.3.31
ページ数 287p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4624011554
NCID BA51501583
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想