「食料・農業・農村基本計画」の点検と展望 : 食料の生産と消費の在り方を探る

梶井 功;矢口 芳生【編】

本書は、2000年3月に公表された「食料・農業・農村基本計画」を余すところなく分析して問題点を提示するものである。施策の曖昧さを廃し、目標実現に貢献できる論点の析出に主眼がおかれる。サブタイトルのとおり、「食料の生産と消費の在り方を探る」ことが目的である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論(「基本計画」の意義と展望
  • 「食料自給率45%」の実現可能性)
  • 2 食料の生産と消費の見通しを検証する(「土地利用型農業活性化対策」と農業構造再編の展望-食料自給率向上を支える両輪
  • 中山間地域等直接支払制度の現状と課題-導入初年度における中間的検討 ほか)
  • 3 各界は何をどう取り組むか(消費者行政はこれでいいのか
  • 自給率向上に向けたJAグループの課題と展望 ほか)
  • 4 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「食料・農業・農村基本計画」の点検と展望 : 食料の生産と消費の在り方を探る
著作者等 梶井 功
矢口 芳生
書名ヨミ ショクリョウノウギョウノウソンキホンケイカクノテンケントテンボウ : ショクリョウノセイサントショウヒノアリカタヲサグル
シリーズ名 日本農業年報 47
出版元 農林統計協会
刊行年月 2001.4.5
ページ数 232p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4541027089
NCID BA51506099
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想