クラススイッチ、造血幹細胞の発生分化、シグナル伝達から免疫異常症まで : 免疫 総集編  2001

烏山 一;小安 重夫【編】

自然免疫に関するトピックスを含めて27にわたる最新情報を、免疫研究の最前線で活躍する研究者が執筆。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 抗原レセプター遺伝子の再構成とクラススイッチの制御機構(プレB細胞レセプターによる免疫グロブリン遺伝子再構成の制御
  • IL‐7レセプターシグナルによるTCRγ遺伝子再構成の制御 ほか)
  • 第2章 リンパ球の発生分化のメカニズム(造血幹細胞からリンパ球系列へのコミットメント
  • 胸腺T細胞の分化・選択におけるMAPキナーゼの役割 ほか)
  • 第3章 免疫細胞による抗原提示と抗原認識機構(免疫プロテアソームの遺伝学的機能解析
  • 樹状細胞による免疫とトレランスの調節 ほか)
  • 第4章 免疫系のシグナル伝達(lipid raftにおけるT細胞活性化の正と負の調節機構
  • B細胞抗原レセプターを介するシグナル制御機構 ほか)
  • 第5章 免疫異常症の最前線(PD‐1レセプターと自己免疫疾患
  • PTEN変異と自己免疫疾患 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クラススイッチ、造血幹細胞の発生分化、シグナル伝達から免疫異常症まで : 免疫 総集編
著作者等 小安 重夫
烏山 一
書名ヨミ クラススイッチゾウケツカンサイボウノハッセイブンカシグナルデンタツカラメンエキイジョウショウマデ : メンエキソウシュウヘン : 2001
巻冊次 2001
出版元 羊土社
刊行年月 2001.3.25
ページ数 194p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4897060834
NCID BA51366309
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想