電子部品年鑑  2001年版

本年鑑は1984年の創刊以来、版を重ね17年目を迎えるに至った。エレクトロニクス産業に携わる方々のみならず、広く一般の方々にも利用されている。2001年版は2001年1月末現在の最新情報を掲載している。本年鑑は、第1編の「総論」と第2編の「各論」から成る。各論は電子部品を10分野に分け、分野ごとに該当品目をピックアップした。掲載品目は約450品目である。ハイテク部品を中心に注目品目を数多く追加した。最新技術や新製品の動向、ワールドワイドでの需要規模と将来予測、主要メーカーの動向など、内外の各種統計・資料に独自の調査データを加え、グラフ、図表を多用し品目別に市場を徹底分析。他に類のないマーケティング資料。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 電子部品産業の現況と展望
  • 第2編 各論(オプティカルデバイス
  • センシングデバイス
  • 受動部品
  • 機能部品
  • 機構部品
  • 自動車用電子部品
  • 電池
  • 半導体
  • ディスプレイデバイス
  • 電子材料)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電子部品年鑑
書名ヨミ デンシブヒンネンカン : 2001
巻冊次 2001年版
出版元 中日社
刊行年月 2001.3.5
ページ数 846p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想