乳腺症の臨床 : その概念と診療のためのアトラス

坂元 吾偉【監修】;日馬 幹弘;秋山 太;池田 正;芳賀 駿介【編】

本書は、乳腺症の正しい理解と対応の普及を目的とし、臨床において乳腺に携わっている一般検診医を対象にしている。さらには最新の知見を取入れることにより、乳腺専門医においても十分に活用できるよう企画された成書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 乳腺症の概念(概念
  • その歴史
  • 世界の現状 ほか)
  • 第2章 乳腺症の基礎(実験病理学の乳腺症
  • 乳腺症とホルモン
  • 高齢者・超高齢者の乳腺症 ほか)
  • 第3章 乳腺症の臨床(その理解とflow chart
  • 一次検診における診断(視触診)
  • 二次検診における診断 ほか)
  • 第4章 乳腺症の治療(乳腺症の治療(総論)
  • 乳腺症の治療(各論)
  • 乳腺症の治療(とくにfollow up))
  • 座談会・乳腺症の基礎と臨床-乳腺症カンファレンス
  • 日本における乳腺症の概念と診断の現状に関するアンケート結果
  • 乳腺症の病理診断の現状

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 乳腺症の臨床 : その概念と診療のためのアトラス
著作者等 日馬 幹弘
池田 正
秋山 太
芳賀 駿介
坂元 吾偉
書名ヨミ ニュウセンショウノリンショウ : ソノガイネントシンリョウノタメノアトラス
出版元 篠原出版新社
刊行年月 1999.11.1
ページ数 5,175p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4884121651
NCID BA34085493
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想