大阪府におけるがんの罹患と死亡1963‐1989

大阪府環境保健部;大阪府医師会;大阪府立成人病センター【監修】

がん対策には多くの重要施策があります。たとえば、1次予防、2次予防、早期診断法の確立、診断と治療の進歩改善、ターミナル・ケアなどが重要です。しかし、それらの施策を支える、もっとも基本的で、かつ必要な研究は、正確な「がん登録」であります。大阪府立成人病センターでは、この重要ながん登録事業を、大阪府、大阪府医師会との協同事業として、大阪府立成人病センター調査部は1962年(昭和37年)から始めました。その後の絶えざる努力の積み重ねによって集まった約30年に近い大阪府がん登録の成績をまとめたのが本書です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 大阪府のがんの罹患と死亡1963‐1989(編集の方針
  • 構成
  • 対象
  • 方法 ほか)
  • 2 統計表:罹患と死亡(罹患統計
  • 死亡統計
  • 詳細部位別罹患統計
  • 大阪府医療圏別罹患率 ほか)
  • 3 大阪府がん登録(大阪府がん登録事業の発足
  • 目的
  • 組織
  • 登録方法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大阪府におけるがんの罹患と死亡1963‐1989
著作者等 大阪府医師会
大阪府立成人病センター
大阪府環境保健部
書名ヨミ オオサカフニオケルガンノリカントシボウ19631989
出版元 大阪成人病予防協会
篠原出版新社
刊行年月 1993.4.15
ページ数 16,236p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 4884121287
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想