日本人はなぜ多重人格なのか

中山 治【著】

認知不協和理論と解離のメカニズムで分析する日本人論の試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ドーパミン気質とセロトニン気質から日本人の国民性を探る
  • 第2章 「見ざる・聞かざる・言わざる」の社会心理はどこから生じたのか
  • 第3章 日本人はいつから多重人格を発症したのか
  • 第4章 日本人はなぜ言葉に酔いやすいのか
  • 第5章 あいまいな日本の私たち
  • 第6章 官僚に見るエゴ共同体の病理
  • 第7章 日本の文化と教育はなぜ荒廃したのか
  • 第8章 日本人は自己変革できるのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人はなぜ多重人格なのか
著作者等 中山 治
書名ヨミ ニホンジンハナゼタジュウジンカクナノカ
出版元 洋泉社
刊行年月 2001.3.22
ページ数 243p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4896915283
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想