趙雲子竜 : 中原を駆けぬけた三国志最強の戦士

加野 厚志【著】

古代中国の書物に「常山の蛇」という言葉がある。その蛇は首を打てば尾が、尾を打てば首が、胴体を打てば首尾両端が襲いきたるという。趙雲子竜は河北省常山国の生まれ。槍と刀を自在に操り、駿馬を駆って突き進む。三国志上、最も人々に慕われた魏の英君、劉備玄徳を、決死の覚悟で支えた英雄の人知れぬ恋と孤独。文庫書き下ろし長編歴史小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 趙雲子竜 : 中原を駆けぬけた三国志最強の戦士
著作者等 加野 厚志
書名ヨミ チョウウンシリュウ : ナカハラヲカケヌケタサンゴクシサイキョウノセンシ
シリーズ名 幻冬舎文庫
出版元 幻冬舎
刊行年月 2001.3.25
ページ数 344p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 434440081X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想