張騫 : 漢の武帝が西域に派遣した冒険者

桐谷 正【著】

時は漢の武帝の治世。大月氏国と軍事同盟を結ぶべく、張騫は西域へ旅立った。匈奴が出没する大草原。そして、炎熱の大砂漠。不屈の冒険者・張騫の旅は十余年、二万キロに及び、その足跡はひろく西アジア全域に刻みこまれた。それはぶどう酒や汗血馬の発見につながり、シルクロード開拓の原点となる壮挙であった。長編歴史小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 張騫 : 漢の武帝が西域に派遣した冒険者
著作者等 桐谷 正
書名ヨミ チョウケン : カンノブテイガサイイキニハケンシタボウケンシャ
シリーズ名 幻冬舎文庫
出版元 幻冬舎
刊行年月 2001.3.25
ページ数 358p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4344400828
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想