牛、人にやさしい搾乳ロボットの活用 : 導入農家の体験に学ぶ

高橋 圭二;森田 茂;平山 秀介;時田 正彦【共著】

北海道地域において、既に搾乳ロボットを導入している農家4戸に集まって頂き、当所の搾乳ロボット研究チームを加えて座談会を開催し、そこで出された数々の問題点を踏まえて、本書を執筆した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 搾乳ロボットとは
  • 2 導入農家はどんな人たちか
  • 3 自動搾乳システムにおける乳牛管理
  • 4 搾乳ロボットの導入の効果をめぐって
  • 5 支援体制
  • 6 解決の急がれる事項
  • 7 自動搾乳に関する国際シンポジウム情報
  • 8 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 牛、人にやさしい搾乳ロボットの活用 : 導入農家の体験に学ぶ
著作者等 平山 秀介
時田 正彦
森田 茂
高橋 圭二
書名ヨミ ウシヒトニヤサシイサクニュウロボットノカツヨウ : ドウニュウノウカノタイケンニマナブ
シリーズ名 酪総研特別選書 No.66
出版元 酪農総合研究所
刊行年月 2001.1.30
ページ数 132p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想