太陽発電衛星研究の現状

本書では、我が国の代表的な太陽発電衛星モデルであるSPS2000の研究紹介を軸に、太陽発電衛星に必要となる技術について発電、無線送電、構築、輸送までの多方面にわたり解説し、さらに国内外の最近の研究状況と課題および今後の見通しについて解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 太陽発電衛星の概念と意義
  • 2 国内外の太陽発電衛星の検討状況(国内の検討状況
  • 国外の検討状況)
  • 3 太陽発電衛星に必要な技術(発電技術と大電力技術
  • 無線送電技術 ほか)
  • 4 太陽発電衛星モデルSPS2000の構想(研究の経緯と目的
  • システム概要 ほか)
  • 5 今後の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太陽発電衛星研究の現状
書名ヨミ タイヨウハツデンエイセイケンキュウノゲンジョウ
シリーズ名 衛生通信研究 No.89
出版元 KDDエンジニアリング・アンド・コンサルティング
刊行年月 2001.1.15
ページ数 78p
大きさ 19cm(B6)
ISSN 09125094
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想