Annual Review呼吸器  2001

工藤 翔二;土屋 了介;金沢 実;大田 健【編】

本書は、呼吸器領域の「生物学」、「病因と病態」、「診断」、「治療」の4つの分野で、毎年その時点で重要と考えられ、新たな発展が認められている話題を取り上げ、その領域のエキスパートにレビューをお願いしてきた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 呼吸器系の生物学(肺におけるHGFの役割
  • 成長因子と呼吸器疾患
  • IL‐18をめぐって-IL‐18とアレルギー ほか)
  • 2 疾患の病因と病態(特発性肺胞蛋白症の病因と抗GM‐CSF自己抗体
  • アスペルギルスの侵襲メカニズム
  • RAに伴う細気管支病変 ほか)
  • 3 診断の進歩(高齢期にみる肺の加齢変化と肺機能検査
  • MAC症のCT診断
  • 液体培地を用いた抗酸菌培養 ほか)
  • 4 治療の進歩(禁煙指導と補助療法
  • 肺炎球菌肺炎の治療と予防
  • COPDと吸入ステロイド治療 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Annual Review呼吸器
著作者等 太田 保世
工藤 翔二
永井 厚志
大田 健
金沢 実
土屋 了介
書名ヨミ ANNUAL REVIEWコキュウキ : 2001
巻冊次 2001
出版元 中外医学社
刊行年月 2001.2.1
ページ数 224p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 449803130X
NCID BN0298410X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想