Annual Review神経  2001

柳沢 信夫;篠原 幸人;岩田 誠;清水 輝夫;寺本 明【編】

本書では疾患関連遺伝子の発見が目覚ましい神経変性疾患について、数年毎に新しい発見と神経変性のメカニズム解明につながる意義を解説してきた。神経学は、遺伝子からこころの問題、社会学までの広い領域をカバーする学問によって、はじめて臓器移植、遺伝子治療から介護保険、難病のケアまで広い範囲の医学、福祉の実践に応えることができる。また脳科学の進歩における臨床の役割は、近年従来になく大きなものとなり、認知、判断、行動、情緒などにかかわる高次脳機能の解明は、神経心理学、脳画像の進歩なしには考えられない。そして機能的脳外科における深部脳刺激の効果と、それに関連した各種中枢性運動障害の基底核ニューロン活動の記録は、基底核‐大脳皮質連関の機能とその障害の明解に、従来想像もできなかった知見をもたらしている。本書は、まさに臨床神経の専門家と関連領域の医師および神経科学の専門家にとって貴重な情報源となる一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • Basic Neuroscience
  • 検査法
  • 診断基準(疾患概念、症候群の変遷を含む)
  • 治療法
  • 感染症
  • 脳血管障害
  • 脳腫瘍
  • 外傷
  • 変性疾患
  • 代謝性疾患
  • 脱髄性疾患
  • 末梢神経疾患
  • 脊髄疾患
  • 筋疾患
  • 自律神経疾患
  • 高次脳機能
  • 小児神経疾患(内科、外科)
  • 疫学、社会医学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Annual Review神経
著作者等 後藤 文男
柳沢 信夫
鈴木 則宏
寺本 明
岩田 誠
清水 輝夫
篠原 幸人
柳沢 信夫
書名ヨミ ANNUAL REVIEWシンケイ : 2001
巻冊次 2001
出版元 中外医学社
刊行年月 2001.1.25
ページ数 324p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4498029542
NCID BN02978898
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想