保険診療におけるカルテ記載のあり方

高木 泰【著】

保険請求の担保としてのカルテの位置づけを重視し、具体的事例をあげてわかりやすく解説。算定要件となる必須記載項目を網羅。情報開示時代における診療録(カルテ)の記載を適正に行うためのガイドブック。研修医・開業医・勤務医必読書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • A 基本的事項
  • B 具体的事項
  • C 算定要件上の記載項目の一覧
  • D POMR(Problem‐Oriented Medical Record)問題志向型診療記録について
  • E まとめ
  • F カルテの電子媒体保存について
  • G 診療録等の開示について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 保険診療におけるカルテ記載のあり方
著作者等 高木 泰
書名ヨミ ホケンシンリョウニオケルカルテキサイノアリカタ
出版元 診断と治療社
刊行年月 2001.2.1
ページ数 84p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4787811592
NCID BA50750196
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想