古賀稔彦 : 世界を獲った男、その生き方

古賀 稔彦【著】

幼少年時代の家族の愛そして強い絆。講道学舎での師との出会いが古賀稔彦を生んだ!父の教え、そこに強制はなかった。そして、人との関わりを通して相手の痛みを知った-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 栄光:1992年7月31日、バルセロナ五輪11日目(地獄の底を歩いているような感覚)
  • 技あり第1章 勝負:家族ぐるみで歩み始めた柔道一直線(父の教え-そこに強制はなかった
  • 人との関わりを通して相手の痛みを知る
  • 競争意識を持ち続けること。それが上達への近道
  • 完璧のない世界だからこその魅力)
  • 技あり第2章 自信:柔道私塾・講道学舎に学んだ充実の日々(強い目的意識が不安をなくす
  • 個々の強い意識が成長を促す
  • つきえることのない欲求が勝利を呼び込む
  • 柔道を通して人としてのマナーを学ぶ
  • 限界を超えたとき、新しい自分に出会える
  • ふだんから力を出しきれば、負けても納得がいく
  • 最も大切なのは勝負師に徹すること)
  • 技あり第3章 挑戦:目標は大きく。世界の古賀を生んだ挫折と負けじ魂(ケガはピンチでなく最大のチャンス
  • 勝つために「自分で」考え「自分で」決める
  • 助言には耳を傾け、後に必要なものを選択
  • 自分への妥協-敵は我にあり
  • 自信の裏付け-やるだけのことはやった
  • 逆風を力にした金メダル
  • 目標のない生活は長続きしない)
  • 技あり第4章 復活:新たな目標へ向けて心機一転(やらなければ何事も始まらない
  • 大舞台になればなるほど燃える、やれる
  • ないものは、あるもので補う
  • 再挑戦。新風を心に吹き込む
  • 最後の最後まで自分にこだわって…)
  • エピローグ 幸福:競技者人生を終えて(柔道は人生の教訓を教えてくれた)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古賀稔彦 : 世界を獲った男、その生き方
著作者等 古賀 稔彦
書名ヨミ コガトシヒコ : セカイヲトッタオトコソノイキカタ
出版元 東京学参
刊行年月 2001.1.18
ページ数 205p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4808011182
NCID BA51185778
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想