GATTと知的財産権

日本工業所有権法学会【編】

[目次]

  • 1 論説(WIPO特許ハーモナイゼーション条約草案-第19条第4項寄与侵害について
  • サービスマーク登録制度の問題点
  • サービス・マークについて
  • 商標法の一部を改正する法律について
  • ディスカサントとしての発言
  • 知的財産権法と独占禁止法
  • ディスカサントとしての発言)
  • 2シンポジウム・GATTにおける知的財産権法の国際秩序の再編成(TRIP交渉の現状と特色
  • 特許権について
  • 著作権及び著作隣接権について)
  • 3 質疑応答
  • 4 その他(学会記事
  • 学会規約
  • 役員名簿
  • 会員名簿)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 GATTと知的財産権
著作者等 日本工業所有権法学会
書名ヨミ ガットトチテキザイサンケン
シリーズ名 日本工業所有権法学会年報 第15号(1991)
出版元 有斐閣
刊行年月 2001.1.1
版表示 オンデマンド版
ページ数 171p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4641900175
ISSN 03871754
NCID BA74996226
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想