国芳「英雄と亡霊」の浮世絵

スハープ ロバート【著】<Shaap Robert>

日本の浮世絵師の中で不動の地位を占めている一人が国芳(1797‐1861)である。彼は、北斎、広重、国貞といった浮世絵師と共に19世紀を席巻した。各種の才能に恵まれ量産家でもあった国芳は、戦国時代を題材に、数々の歴史的英雄を絵にしている。また、彼の戯画絵からは、そのユーモアセンスがよくうかがわれる。美女や俳優を描いた、より伝統的な絵からは、彼の力強く透明なスタイルが輝くように伝わってくる。著者は、公私におけるコレクション300点以上を駆使して、標題の他、美人画・角力・役者絵・風景画など幅広いジャンルから厳選してまとめた。本書は日本芸術学協会60周年を記念して刊行された。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • Kuniyoshi's life and works
  • Notes on the print descriptions
  • Catalogue(Heroes
  • Women ほか)
  • Kuniyoshi's caricatures and Edo society
  • Surimono by Kuniyoshi
  • Paintings by Kuniyoshi A preliminary list
  • Select print series
  • Glossary
  • Select bibliography

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国芳「英雄と亡霊」の浮世絵
著作者等 Shaap Robert
スハープ ロバート
書名ヨミ クニヨシエイユウトボウレイノウキヨエ
出版元 Hotei Publishing
八木書店
刊行年月 2000.12.12
ページ数 280p
大きさ 28×28cm
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想