モデル条件別昇給・配分  2001年版

少ない賃上げ原資が高齢化、賃金の能力主義配分重視といった状況のなかで、年齢・学歴・職掌等でどう配分され、モデル賃金の水準がどう変化したか。労務行政研究所では、こうした賃上げ配分ならびにモデル賃金の動向を把握するため、67年以来、全国の上場会社を中心に「主要企業モデル賃金実態調査」を実施しているが、2000年度の調査結果の全容を、(1)調査結果の概要、(2)集計結果表、(3)業種別・会社別の実態-の3点に取りまとめたものが本書である。その特色は、昇給の中身を定昇とベアとに区分していること、基本賃金の構成を総合給、属人給、仕事給などの決定要素別に分類していることが最大の特徴である。また、企業平均レベルだけでなく、学歴別・年齢別などモデル条件別にも調査している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 調査結果の概要(2000年度賃上げの状況
  • 平均賃上げ額の配分状況
  • モデル賃金と昇給・配分
  • 大学院修士卒のモデル賃金と賃金増額分
  • 大学卒・総合職の定昇・ベア別賃上げ額
  • モデル賃金の諸格差
  • 基本賃金の決定要素別構成
  • 管理職・非管理職別に見たモデル賃金
  • 50〜59歳間の賃金水準とカーブ
  • 中堅・中小企業のモデル賃金)
  • 2 集計結果表(定期昇給、ベース・アップの配分内容
  • 所定内賃金と定期昇給、ベース・アップ
  • 基本賃金の決定要素別構成
  • モデル条件別賃金と昇給・配分
  • モデル条件別基本賃金の決定要素別構成
  • モデル条件別賃金、賃上げ額の分散状況(四分位数)
  • モデル条件別賃金、賃上げ配分に関する諸指標
  • モデル条件別賃金の推移(68〜2000年度)
  • 中堅・中小企業のモデル条件別賃金)
  • 3 業種別・会社別の実態一覧(モデル条件別賃金と昇給・配分
  • モデル条件別基本賃金の決定要素別構成
  • 中堅・中小企業のモデル条件別賃金)
  • 特別調査 昇給考課の現状と査定額(昇給考課査定実施の有無と賃金項目
  • 昇給考課要素のウエート付け
  • 昇給考課の評語・ランク数と査定幅
  • 主な年齢ポイントにみる昇給査定額と査定幅(2000年度))
  • 特別解説 定昇の現状とこれからの昇給管理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モデル条件別昇給・配分
著作者等 労務行政研究所
書名ヨミ モデルジョウケンベツショウキュウハイブン : 2001
シリーズ名 労政時報賃金資料シリーズ 1
巻冊次 2001年版
出版元 労務行政研究所
刊行年月 2000.11.10
ページ数 302p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4845201119
NCID BA50502558
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想