腰椎穿刺ノ技術及其応用

竹内薫兵 纂著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 歷史 / 1
  • 解剖 / 2
  • 器具 / 5
  • 腰椎穿刺術 / 12
  • 一、 患者ノ位置 / 12
  • 二、 穿刺ノ部位 / 14
  • 三、 穿刺ノ方法 / 15
  • 適應症ト禁忌 / 17
  • 腦脊髄液ノ生理 / 20
  • 一、 液ノ本性 / 20
  • 二、 源泉 / 21
  • 三、 排出部位 / 21
  • 四、 部位ニヨル液ノ性質ノ變化 / 22
  • 五、 頭蓋腟及脊柱管内ノ歴 / 23
  • 液ノ理學的性質 / 27
  • 一、 外觀 / 27
  • 二、 味及ビ臭氣 / 28
  • 三、 反應 / 28
  • 四、 凝固及ビ繊維素 / 28
  • 五、 熱ニ對スル反應 / 28
  • 六、 比重 / 29
  • 七、 冰點降下度 / 30
  • 八、 光線屈折度 / 31
  • 九、 粘稠度 / 31
  • 十、 電氣傳逹度 / 31
  • 十一、 通過性 / 32
  • 液ノ化學的性質 / 33
  • 一、 定性的分析 / 33
  • 二、 定量的分析 / 35
  • 三、 液ノ化學的性分ニ就キ諸家ノ見解 / 38
  • 液ノ細胞學的性質 / 43
  • 一、 ウイダール、ジカル、ラボー法 / 44
  • 二、 アルツハイメル法 / 45
  • 三、 フックス、ローゼンタール法 / 46
  • 四、 セツチー法 / 52
  • 液ノ血淸學的性質 / 55
  • 腦脊髓液ノ病理 / 55
  • 一、 不結果ノ穿刺 / 55
  • 二、 壓ノ異常 / 59
  • 三、 腰椎穿刺ノ副現象 / 60
  • 四、 液外觀ノ異常 / 64
  • 五、 凝固竝ニ繊維素凝塊 / 67
  • 六、 比重ノ異常 / 69
  • 七、 通過性ノ異常 / 70
  • 八、 冰點降下度ノ異常 / 73
  • 九、 粘稠度ノ異常 / 77
  • 十、 液ノ化學的異常 / 78
  • 十一、 液ノ細胞學的異常 / 118
  • 十二、 病液ノ血淸學的性質 / 136
  • 十三、 病液中ニ來タル黴菌 / 144
  • 十四、 過「マンガン」酸鹽滴定法 / 149
  • 十五、 不同滲透壓液ノ注射 / 153
  • 腦脊髓液ノ診斷上ノ價値 / 154
  • 腰椎穿刺ノ治療上ノ價値 / 163

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 腰椎穿刺ノ技術及其応用
著作者等 竹内 薫兵
平井 毓太郎
書名ヨミ ヨウツイ センシ ノ ギジュツ オヨビ ソノ オウヨウ
出版元 吐鳳堂書店
刊行年月 大正3
版表示 増訂第2版
ページ数 170p
大きさ 23cm
NCID BN08215017
BN08920063
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
43005053
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想