金融情報システム白書  平成13年版

金融情報システムセンター【編】

平成13年版の本白書では、内外の金融機関における情報システムの状況を俯瞰的に紹介するとともに、対応すべき具体的課題についての考え方や、今後の将来展望を体系的にわかりやすく解説している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 特別論文 金融サービスにおけるカードの役割と展望(カードの役割と進化
  • 欧米におけるカードの在り方と多機能化の取組みについて
  • わが国におけるカードの利用状況と多機能化への取組み)
  • 第1編 最近の金融情報システムの動向(金融機関等のコンピュータシステム
  • 金融機関等相互のネットワーク
  • 金融機関等のデリバリーチャネル
  • 海外の金融情報システムの動向 ほか)
  • 第2編 金融情報システムの健全な発展のための課題(安全対策
  • システム監査
  • 金融機関等と電子商取引
  • 金融情報システムを巡る法的問題 ほか)
  • 資料編 金融情報システム関連統計・資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融情報システム白書
著作者等 金融情報システムセンター
FISC
書名ヨミ キンユウジョウホウシステムハクショ : 13
巻冊次 平成13年版
出版元 財経詳報社
刊行年月 2000.12.1
ページ数 637p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4881777122
NCID BN00724254
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想