ぼくらのマッチ箱電車

小野寺 純一【著】

仙台市の長町から湯元までの16キロを結ぶ秋保電鉄。大正3年から昭和36年にかけての46年間、この"マッチ箱"のように小さな電車は、たくさんの人たちを乗せ、青春を乗れ、人生を乗せ、ガタンゴトンと走りつづけました…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくらのマッチ箱電車
著作者等 小野寺 純一
書名ヨミ ボクラノマッチバコデンシャ
出版元 成星出版
刊行年月 2000.12.14
ページ数 90p
大きさ 19×23cm
ISBN 488398012X
NCID BA50862484
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想