フィヒテ研究  第8号(2000年)

日本フィヒテ協会【編】

1999年11月、京都繊維大学で開催された、日本フィヒテ協会第15回大会の「像(Bild)」をめぐるシンポジウムをもとに執筆した論文による巻頭特集ほかで構成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 巻頭特集 像(Bild)(「像としての世界」-世界構造の一考察 フィヒテを一軸として
  • 純粋作用と深淵-フィヒテにおけるビルト
  • 美学におけるBild概念について
  • エリウゲナにおける「像」の諸相)
  • 研究論文(フィヒテ哲学における戦争とナショナリズム
  • 「促し」とはどういう行為か?-初期フィヒテの間主観性の理論
  • フィヒテのPatriotismus論)
  • 書評
  • 報告(国際フィヒテ学会報告
  • 日本フィヒテ協会会務報告)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フィヒテ研究
著作者等 日本フィヒテ協会
フィヒテ研究編集委員会
書名ヨミ フィヒテケンキュウ : 8(2000)
巻冊次 第8号(2000年)
出版元 日本フィヒテ協会
晃洋書房
刊行年月 2000.12.10
ページ数 168p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4771012253
ISSN 09199101
NCID BN13719552
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想