眼と神経衰弱

前田珍男子 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 緖言 / 1
  • 第二章 神經衰弱とは何ぞ / 8
  • 第一 神經衰弱の意義 / 8
  • 第二 神經衰弱の原因 / 12
  • 第三 神經衰弱の症狀 / 25
  • 第四 神經衰弱の經過 / 89
  • 第五 神經衰弱の種類 / 93
  • 第六 神經衰弱の合併症 / 95
  • 第七 神經衰弱と他の疾患との移行 / 96
  • 第八 神經衰弱の診斷と鑑別 / 100
  • 第九 神經衰弱の豫後 / 115
  • 第一〇 神經衰弱の病理解剖 / 116
  • 第一一 神經衰弱の關する理論 / 117
  • 第一二 神經衰弱の治療法 / 121
  • 第三章 神經衰弱と眼との關係 / 139
  • 第一 神經衰弱の槪觀と新治療法の發見 / 139
  • 第二 屈折異常と神經症との關係 / 145
  • 第三 予が新發見の徑路 / 151
  • 第四章 眼の屈折異狀に就て / 157
  • 第一 屈折異常とは何ぞ / 157
  • 第二 眼球の構〓 / 158
  • 第三 正視眼 / 162
  • 第四 眼の調〓機能 / 169
  • 第五 老視 / 173
  • 第六 遠視 / 175
  • 第七 現在遠視と潛伏遠視、附統計上に現はれぬ理由 / 177
  • 第八 近視と調〓機痙攣(假性近視) / 181
  • 第九 亂視 / 185
  • 第五章 視格矯正による神經衰弱症の治癒と其實例 / 187
  • 第一 視格矯正による諸多の腦症狀の治癒例 / 189
  • 第二 視格矯正による眼症狀の治癒例 / 217
  • 第三 視格矯正による耳鼻咽喉障害の治癒例 / 238
  • 第四 視格矯正による末梢神經障害の治癒例 / 243
  • 第五 視格矯正による運動障害の治癒例 / 251
  • 第六 視格矯正による循環、呼吸、消化機能障害の治癒例 / 261
  • 第七 視格矯正による生殖機能障害の治癒例 / 276
  • 第六章 新發見の社會に及ぼす影響 / 284
  • 第一 人の性分を改〓する方法としての視格矯正法 / 284
  • 第二 國家社會の福音 / 289
  • 第三 終末餘談 / 290
  • 附錄
  • 神經衰弱の豫防法として將又近視眼の豫防法としての光力使用上の注意 / 294

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 眼と神経衰弱
著作者等 前田 珍男子
書名ヨミ メ ト シンケイ スイジャク
書名別名 Me to shinkei suijaku
出版元 実業之日本社
刊行年月 大正10
版表示 補5版
ページ数 330p
大きさ 18cm
NCID BA30602935
BA54275811
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
43005112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想