新体系過去問択一詳解 不動産登記法 : 各論  平成13年版

山本 利明【著】

本書は、昭和53年以降の司法書士試験第二次不動産登記法全問を体系的に分類し、項目別に編集して、詳細な解説を加えたものです。過去問択一詳解のうち、第二次の中心、不動産登記法の択一問題を項目別に納めました。解説にあたっては、出題肢の条文の立法趣旨、関係先例の紹介、先例の内容と理由を解説し、特に、書式への展開を容易にするため、登記簿の記載例や、登記申請書の要点を、サンプル的に添えています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 10 所有権に関する登記
  • 11 抵当権
  • 12 根抵当権
  • 13 共同抵当(根抵当権を含む)
  • 14 順位変更
  • 15 先取特権、質権に関する登記
  • 16 用益権
  • 17 登記名義人表示変更、更正の登記
  • 18 信託
  • 19 工場抵当に関する登記
  • 20 その他

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新体系過去問択一詳解 不動産登記法 : 各論
著作者等 山本 利明
書名ヨミ シンタイケイカコモンタクイツショウカイフドウサントウキホウ : カクロン : 13
シリーズ名 司法書士受験双書
巻冊次 平成13年版
出版元 日本司法学院
刊行年月 2000.10.24
ページ数 425,15p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4890691170
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想