環境、所得分配、法の経済分析

西日本理論経済学会【編】

本号の特集は、環境、所得分配、法に関する論文である。環境については南北貿易モデル、経済成長論の観点から分析されている。所得分配については成長論、組合モデルなどから検討がなされ、法の経済分析として独占禁止法、土地収用法、特許制度に関しての論文となっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 環境を含む動学的一般均衡南北貿易モデルについて
  • 環境政策と内生的経済成長
  • 世代重複モデルと経済の安定性
  • 所得再配分政策の所得格差と経済成長に対する効果
  • 複古、profit sharing、報酬制度の決定
  • 二重労働市場と効率賃金モデル
  • 裁量型課徴金制度とカルテル抑止
  • 土地収用における補償ルールと投資問題
  • 特許制度か報奨金制度か-技術開発促進システムの経済分析
  • 金融市場のディスアグリゲーション問題について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境、所得分配、法の経済分析
著作者等 西日本理論経済学会
書名ヨミ カンキョウショトクブンパイホウノケイザイブンセキ
シリーズ名 現代経済学研究 第8号
出版元 勁草書房
刊行年月 2000.10.10
ページ数 202p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4326932368
ISSN 09176837
NCID BA49155388
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想