ABC殺人事件

クリスティ アガサ【著】<Christie Agatha>

「今月21日、アンドーヴァーに注意されたし」という内容の挑戦状が送られてきた。予告どおりアンドーヴァーで、Aの頭文字を持つアリス・アッシャーという老婦人が殺される。続いて第2、第3の挑戦状が届く。ベクスヒルではBの頭文字を持つベティ・バーナードが、チャーストンではCではじまる名前を持つカーマイケル・クラーク卿が殺害される。どの殺害現場にも「ABC鉄道案内」が残されていた。はたして犯人は、アルファベット順にこだわって犯行をかさねる偏執狂なのか?犯人のねらいは?そして「ABC鉄道案内」に隠された意味は?本書は、ポアロが活躍するシリーズとしては第13作目にあたり、クリスティの代表作のひとつに数えられている。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ABC殺人事件
著作者等 Christie, Agatha
クリスティ アガサ
書名ヨミ エービーシーサツジンジケン
シリーズ名 講談社ルビー・ブックス
出版元 講談社インターナショナル
刊行年月 2000.10.13
ページ数 260p
大きさ 19cm
ISBN 4770026617
NCID BA4909564X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想